TOP |  店舗情報 |  カートをみる |  マイページへログイン |  ご利用案内 |  お問い合せ |  スタッフ日記 |  お客様の声 |  サイトマップ |


RSS
 

測量士に必要な測量機器

■ 測量とは

住宅、会社、公園、上下水道、ダム、空港、道路、橋、鉄道など、建設や土木工事の際、地図の作成をするときに必要な地形調査が測量です。
ダムや道路、トンネル、ビルなどの建築工事において、最初に行う重要な作業が測量であり、測量がなければ詳細計画や設計などは進めることができません。

また、カーナビやGPS装置の開発にも測量は大きく関係しており、日常の生活に深く関係しているといえます。家・道路などがどのような位置関係で建っているのかを正確に測り、相対位置を定め、地形や地物を縮尺化図示することで、地図や図面を作成します。計測を行う場所は、家や道路が多い街中だけに限らず、山や海など多岐にわたります。

目的によって現場での作業手段は異なりますが、対象地域の資料による調査と現地測量結果の調整計算、調整計算結果の現地表示、図面の作成などの工程で行われます。


■ 測量士と測量補士

測量士に必要な測量機器 測量に関する計画を作製する人が、測量士です。
国土地理院が行う測量士試験に合格し、登録申請書を提出して国土地理院に登録することで測量士となることができます。
測量法によって測量業者は、測量士の資格を持っている人を1営業所ごとに1人以上配置するという決まりがあります。
一方、測量補士とは、測量士が作製した計画に従い測量に従事する人のことを測量補士といい、測量士と同様の試験と登録が必要です。


■ 測量機器の専門店

精密かつ高度な技術が必要な測量は、専門の機器などを使用して行います。
測量士と測量補士が在籍する測量事務所をはじめ、土木建設会社・不動産会社・地図出版の会社などは、測量業務を行うための測量機器を揃える必要があります。

専門的な機器を豊富に販売している当店は、価格・品質・品揃えでプロに選ばれる通販サイトを目指しております。
測量機器やゴルフ用のレーザー距離計などの他、高所の作業に必要なベルト式張線器や掴線器など、様々な種類を取り揃えておりますので、どうぞご利用ください。

ページトップへ