TOP |  店舗情報 |  カートをみる |  マイページへログイン |  ご利用案内 |  お問い合せ |  スタッフ日記 |  お客様の声 |  サイトマップ |


RSS
 

トータルステーションの時代

■ 測量に欠かせない存在

トータルステーションは今や、信頼性があり使用しやすい自動機として、測量で欠かせない存在となっています。
それは、トータルステーションによって三次元の座標値が得られるようになり、測量器の用途が計測分野に大きく膨らんだことが大きく関係していると考えられています。


■ デジタルのトータルステーション

トータルステーションの時代 光波距離計と電子セオドライトを一体化させることで、同じ望遠鏡を使用して距離と角度を同時に測れる計測器がトータルステーションです。
さらに、トータルステーション最大の魅力は、なんといっても「デジタル化されている」ということです。

これまでの測量では、現地で計測した数値を一度デスクに持ち帰ってから、キーボードに直接入力するというスタイルが当然でした。
しかし、トータルステーションは計測した数値を電子データとして記録し、そのまま電子野帳からパソコンとプロッターまで共有することができます。


■ 現在のトータルステーション

本体により高度なプログラムが搭載されたことで、計測時に必要な答えをはじき出して本体メモリーに保存することができるようになったものもあります。
保存したデータは、もちろん無線などを利用してパソコンに取り込むこともできますので、測量の全工程において効率的に作業ができるのです。
高い精度・確実・スピーディーな仕事が要求される測量の世界では、画期的な機器として注目されています。


■ アナログからデジタルへ

もし、現在会社にトータルステーションを採用せず業務に取り組んでいるのであれば、ぜひ導入をご検討ください。
先で述べたように作業効率が格段にアップするということだけではなく、精度の高い測量をスピーディーに行うことができます。

当店では、初心者にも優しく効率的な使い方ができるエリートタイプのトータルステーションを販売しております。測量の世界は、トータルステーションの時代に突入しています。
価格以上の活躍を期待して、ぜひ導入してみてはいかがでしょうか。

ページトップへ